ITCS

代表メッセージ

KAZUHISA FUKAMI
深見 和久
株式会社ITCS 代表取締役

これからのITCS

ITCSは、2025年までに名古屋を代表するソフトウェア会社になりたいと考えています。私たちの業界は全国に25,000社以上ありますが、名古屋を代表するソフトウェア会社とはどんな会社でしょうか。私達なりに考え抜き、創り上げたソフトウェア製品やクラウドサービスが広く世の中で利用され、お客様企業に支持される会社だと思います。
ITCSは、勤怠管理・経費精算・各種社内申請等の全従業員向けの業務統合ソリューション(ManageOZO3)を提供しています。今後はそれに加え、BI、AI技術を駆使し、優れた管理会計の仕組みを提供して企業の成長を押し上げ、社会に貢献していくことを使命として取り組んでいきます。

仕事の遣り甲斐

現在、ITCS製品をご利用下さっている中堅企業のお客様は500社超、12万ライセンスありますが、これを1,000社、2,000社と拡げていき、お客様の期待を超える成果を実現出来れば、こんなに嬉しいことはありません。例えば、エンジニアの立場から見ても、自分達が創り上げたシステムが多くの方に利用され、喜んでもらえれば、エンジニア冥利に尽きると思います。
楽で簡単な仕事をやるということではなく、難しいけれども、それに挑戦したら自分が成長する、そしてお客様がすごく喜んでくれる。善き縁があって集まってくれた仲間(全従業員)が、毎日イキイキと希望をもって前向きに仕事ができる。そういう会社を目指しています。

大切にしていること

ITCSの経営理念は、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると共に、情報技術をもって、取引先、社会、人類の進歩発展に貢献する。」と謳っています。 終身雇用の時代は既に終わったのかも知れませんが、それでも10年、20年と一緒に仕事をしてくれる仲間が「この会社で仕事ができて本当によかった」と心から思えるような会社にしたいと思っています。
企業経営では、売上や利益などの目標が大切なのですが、その中身はもっと大切です。これからITCSに入社される皆さんには、ITCSの経営理念、社是、経営方針、事業内容をみていただき、これなら自分の実力を発揮できると共感していただければ、入社後の活躍は間違いないと思います。貴方との善き出会いをお待ちしております。