先輩からの
メッセージ

杉浦 嘉文

職種開発

入社年度2009年度

仕事内容について教えてください。
ManageOZOを利用する際、どうしてもパッケージ機能では業務に合わない場合があります。そういったお客様に対し、要件確認から開発・保守まで全て行います。私の仕事はその中でも、要件定義や案件中の品質確認がメインです。また、チームリーダーとして部門の予算の策定や達成管理も仕事の1つです。
システム開発の醍醐味である、お客様と直接話をしながら案件を対応できるので、とてもやりがいがあります。
仕事の中で大変だと思う時は?
自分達が頑張ってもどうにもならない時が、一番大変だと感じます。そういう時でも、関係者とコミュニケーションをとって、状況を変えていくことで対応していきますが、独特の歯がゆさを感じる時もあります。
ただ、トラブルが起きた時こそ「頑張り時だ」と思うようにしています。実際、そこでの行動で、後々別の仕事の依頼をしてくださったり等、好転した事もありました。
どういう時にやりがいを感じますか?
使っていただいているお客様から他社の方にご紹介いただくことがある時など、自分達の対応が評価されていると実感することがあります。また、営業段階で提案した内容が導入できた時や、皆で力を合わせてトラブルを乗り越えた時は充実感があり、お客様と直接やり取りできる環境にあって良かったと感じます。
ITCSの魅力は何だと思いますか?
創立20年を超える企業でありながらも、どんどん新しいことにチャレンジしています。
新しいことであっても、しっかりと意義があればやらせてもらえる環境があるので、アイデアがあるのであればどんどんぶつけていけます。
また、社長は社員のことをしっかりと考えてくださる方です。まだまだ小さい会社ですが、待遇面含め育児休暇などの働き方の部分も業績を出していければ、より良くなっていくと感じています。
会社全体として、正々堂々と営業を行っていこうという風土ですので、そういった場所で色々なことにチャレンジしていきたいという方であれば、活躍できるような会社だと思います。
チームのリーダーとして、気をつけていることはありますか?
メンバーの力を発揮できる環境が作れているかどうかを気を付けています。
トップダウンで判断するのではなく、メンバーが考え・判断し・行動できる、そういったチームを目指しています。
また、各メンバーの判断が誰から見ても嘘がなく正直でお客様のためになっているかどうかも大切にしています。
今後どういったチャレンジがありますか?
IoTやAIによって、分散していた情報を「つなげて」利用し、そこから新たに価値を産み出すということが、社会全体ででき始めています。それに乗り遅れないよう取り組んでいきたいと考えています。
例えば、タスク管理に入れた情報から勤怠の情報が自動で登録されたり、社内の情報共有ツールに入っている情報から有益な情報をプッシュで送信したり等、バックオフィスの業務を単にシステム化するだけではないこともやっていきたいと考えています。
どういう人が向いていると思いますか?
・お客様の顔が見れる環境で仕事をしたい方
・自分で考え、行動することが好きな方
・新しいことにチャレンジしたい方
・コツコツ継続してものごとに取り組める方
休日の過ごし方

おいしいごはんを食べに行きます。
家の近くにおいしいお寿司屋さんがあることに最近気が付きました。

とある一日のスケジュール

8:30 出社
9:00 朝ミーティング
毎日やってます
9:30 提案資料作成
12:00 ランチ
週2でラーメン。うまい!
13:00 商談同行
SEとして要件ヒアリング
15:00 メンバーの状況確認
17:00 今後の稼働予定の見直し
20:00 退社

ITCSでチャレンジしたいあなたへ

エントリーする