先輩からの
メッセージ

阿部 隆江

職種開発

入社年度2013年度

仕事内容について教えてください。
主にお客様が運用されているシステムの保守、サポートをしています。
お問合せに対しての調査や回答、プログラム改修などを行います。
また、営業同行してシステムの説明をしたり、導入支援にお伺いすることもあります。
仕事の中で大変だと思う時は?
勤務時間が短い為、急ぎの対応が必要な場合などは、限られた時間の中でどのように対処していくか悩みます。
優先順位をしっかり把握し、スケジュールを組み替えたりしながら工夫するように努めていますが、
自分ひとりでどうにもならないような場合は、毎朝のチームミーティングや都度、上司やメンバーに相談しながら対応していきます。
チームとしていつも状況を共有できているので、協力し合いながら業務をすすめられ、安心して働ける仕組みができています。
どういう時にやりがいを感じますか?
システムを運用する上で、お客様のやりたいことが変化していくことがありますが
どのようにすれば実現できるか提案し、この方法なら行けそうですと喜んでいただけると嬉しいです。
お客様の求めていることが何なのか、言葉の端々から理解し、寄り添う気持ちで仕事をしていきたいと思っています。
ITCSの魅力は何だと思いますか?
どうしたらもっと良くなるかを常に考え、実行している人ばかりで、良い流れを感じながら仕事ができます。
誰でも意見を言いやすく、トップのメッセージも直接伝わってくる風通しの良い環境です。
現在の「働き方」について教えてください。
第2子の出産後にパートとしてITCSへ入社し、約2年半の東京支店勤務の後、現在は在宅勤務制度も利用しています。
1日5時間、週のうち2日が東京支店、2日が在宅勤務の週4日勤務です。
出社時にやるべき仕事(例えば打ち合わせや、他のメンバーと一緒に行う仕事など)と、在宅でも問題ない仕事を切り分け、大まかな予定を組んで仕事を進めています。
在宅勤務制度の利用は、それまでの2年半で仕事を進めるペースがつかめていたので、すんなりと始めることができました。
まだ子供が小さいので、朝一で病院を受診させなければいけない場面などもありますが
勤務時間をずらすなど柔軟に対応することができ、仕事のスケジュールに影響が出にくいので助かっています。
今後どういったチャレンジがありますか?
子供の進学などでライフスタイルも変化していくので、そんな中でどのように働いていけるか模索しつつ、
現状に満足せずに新しいことにトライする気持ちを忘れないようにしたいと思います。
仕事と子育ての両立のために意識している事はなんですか?
仕事と子育て、どちらも時間の制約があるので、移動などの隙間時間を使って、次にやることの準備をするように心がけています。
例えば、出勤時は電車の中でメールをチェックしたり、帰りの電車では家に帰ってからやることをリストアップしたりします。

子供にはいつも働くことの大切さを伝えるようにしています。
最近は「保育園がんばるからママも仕事頑張ってね」「大きくなってお母さんになったら会社でお仕事するんだ」などと言ってくれ
自分だけでなく家族皆で頑張っているという気持ちになり、もっと仕事も家のことも頑張ろうと思うモチベーションに繋がっています。
休日の過ごし方

休日のうち1日は、平日できなかった家事をまとめてやることが多いです。
日曜日は近隣公園へ行ったりして、家族でのんびり過ごします。

とある一日のスケジュール

8:50 保育園に子供を送る
9:15 在宅勤務開始
メールチェック
9:30 会社のPCへリモート接続
お問合せの調査・回答
12:00 ランチ
12:45 プログラム修正・試験
15:20 明日の業務をリストアップ
15:30 在宅勤務終了
保育園へ子供を迎えに行く

ITCSでチャレンジしたいあなたへ

エントリーする