社内データ連携EAIサービス Manage Spider
社内データ連携EAIサービス Manage Spider

社内データ連携EAIサービス Manage Spider

社内データ連携EAIサービス Manage Spider

データ活用の課題

システムのライフサイクルに合わせて、システムが刷新された結果、

企業の重要なデータが

活用できないケースが増えています。

データ活用でお悩みの方、Manage Spiderが解決します。

データ活用の課題
分析ツールを使う前の準備段階のほうが大変!?
ビッグデータ活用やデータ分析において、企業の担当者が抱えている" 悩み" には、例えば「Excelデータ上での分析は時間がかかる」「分析が表面的なものになりがち」など様々なものがあります。
BIのような分析ツールを用意しても、「データが取り込めない」「いちいち加工しなきゃならないのが面倒」などで、Excelの分析とあまり変わらない結果に…ということも少なくないのが実状。
そう、実は「分析対象データの準備がうまく行かず、思うような分析ができない」といった" 悩み" を抱えている担当者が意外と多いのです。
データ活用の課題
データ収集、統合、加工の準備段階でつまずくケースが意外と多い!
既にビッグデータの分析・活用に取り組んでいる企業の声でかなり多いのが、「分析そのものより、分析対象データの収集・加工など準備段階のほうが大変…」というもの。分析したいデータが社内システムのあちこちに様々な形式で散在している…といった状況の中から、データを収集し分析ツールに取り込めるように加工する作業…。この作業に時間がかかり、なかなか分析までたどり着けないというケースが実際にはよくあります。
データ活用の課題
バラバラのデータを「つないで」「まとめて」「取り出せる」ツールを活用!
社内システムのあちこちに散在するデータを分析に活用するには、まずデータを「つないで」「まとめて」「いつでも取り出せる」状態にしておく、いわゆるデータ統合基盤を構築するのが1つの解決策です。「いざ、分析!」という時には、この基盤から分析対象データの数々を素早く取り出し、BIツールに接続。データを収集する手間も、BIツールで使えるようにデータを変換・加工する苦労も、データ統合基盤を構築することで一気に解消されることでしょう。
データ活用の課題
お客様側での面倒なツール設定不要!
システムごとのデータ連携作業も専門的な技術や知識も必要なし!ドラッグ&ドロップで各システムを連携可能。ノンプログラミングで簡単に開発ができ、自動化機能も充実しているため、生産性の向上や業務の効率化が実現できます。
Manage Spiderとは

つくらずに「つなぐ」

Manage Spiderとは

豊富な接続先

Manage Spiderとは

大容量データを高速に

Manage Spiderとは

Manage Spiderは、異なるシステムの様々なデータやアプリケーションを、豊富なアダプタを使って自由につなぐ、データ連携クラウドサービスです。
Manage Spiderとは
あらゆるフォーマットのデータをリンク!
社内の異なる様々なデータを、スピーディーに
連携・共有・統合します。

ノン・プログラミングで簡単データ連携

ノン・プログラミングで簡単データ連携

異なるフォーマットデータの連携作業は不要。
専門的な技術・知識は一切必要ありません。専門スタッフがヒアリングし、設定致します。

豊富なアダプタ・コネクタ

豊富なアダプタ・コネクタ

kintone、Google Appsなど、様々な接続先に応じた豊富なアダプタ・コネクタを用意。
あらゆる社内情報を連携・共有・統合します。

オンプレミスからクラウドサービスまで連携

オンプレミスからクラウドサービスまで連携

豊富なアダプタ・コネクタにより、オンプレミスからクラウドサービスまで幅広い連携を実現します。
社内外の膨大なビジネスデータをスピーディーに繋ぎます。

日常定期業務を自動化

日常定期業務を自動化

管理システムへのデータ入力や売上データの送信など日々の日常業務を自動化することも可能。
作業コストの削減とともに人為的なミスも防ぎます。

Spider活用シーン

Spider活用シーン-活用前

●連携インターフェースはバラバラ
●システム連携方式を都度検討
●システム毎にプログラムが必要
●開発コストがかかる

Spider活用シーン-活用前

Spider活用シーン-活用後

●インターフェースが統合
●連携設定は弊社におまかせ
●Manage Spiderによりプログラム不要
●開発コストが安い

Spider活用シーン-活用後

オンプレミスでもクラウドでも連携可能

Spider活用シーン

連携データ種類
連携可能なデータ種類
1 Microsoft SQL Server 9 Mail(POP3/IMAP4/SMTP)の送受信データ
2 Microsoft Azure SQLDatabase 10 REST APIで連携するデータ
3 JDBC接続可能なデータベース 11 ファイル作成・移動・コピー・一覧
ディレクトリ作成・削除・存在確認
ZIP圧縮・解凍
4 MicrosoftExcelファイル
5 CSVファイル
6 XML形式のファイル 12 クラウドとオンプレミスのファイル連携
(Thunderbus)
7 固定長形式のテキストファイル
8 サイボウズ社kintone内のデータ
利用料金(例)
条件① Manage、ManageOZO、ManageOZO3を利用している
条件② 利用ライセンス数(~200ライセンスまでの場合)
条件③ 上記の「連携可能なデータ種類」より5種類を選択した場合
初期費用  
300,000円~
月額利用料  
30,000円~
お問い合わせ サービスに内容に関するお問い合わせはこちらから
株式会社ITCS
本社:〒450-0003 名古屋市中村区名駅南1 丁目17-29 広小路ES ビル8F Tel.052-217-2488
東京支店:〒160-0022 東京都新宿区新宿1 丁目36-4 丁子屋ビル3F Tel.03-3359-9230
大阪支店:〒530-0047 大阪市北区西天満1-2-5 大阪JAビル4F Tel.06-6312-2323

Page Top